So-net無料ブログ作成

捕鯨について [思うこと]

 

~捕鯨のNEWSは日本では流れていますか?~

オーストラリアでは日本の捕鯨について大変な問題になっており、
オーストラリア在住の日本人の方にとって捕鯨は深刻で重大な問題です。

日本捕鯨船がクジラを捕り、それを阻止する反捕鯨団体とのやり取りが
毎日テレビのNEWSで流れます。
クジラを神聖な動物とし、ホエールウォッチングなどでも観光収入を得ている
オーストラリア人の間には反日運動の流れが起こっています。
先日終わったばかりの全豪オープンテニスでも、休憩の度に捕鯨のNEWSが流れていました。

”今こそオーストラリアは一丸となり日本製品をボイコットしたり、
日本人に対して疑問をぶつけるべき” などの投書やコメントが後を絶たないほか、
メルボルンの日本領事館に赤いペンキが撒かれたり、
駅に捕鯨反対の横断幕を張られたりしています。

 毎年捕鯨の時期はこのような報道をされていますが、特に今年は政権が民主党に変わり、
この新しいケビン・ラッド首相が選挙の際に公約として掲げていたのが、
捕鯨問題についての取り組みや京都議定書へのサインでした。
公約を守り、加えて今年から日本の捕鯨団体が捕獲するクジラの種類を増やしたことなどから
例年以上にバッシングされています。

 先日シーシェパードというグリンピースから枝別れした反捕鯨団体のメンバー2名が
日本の捕鯨船にゴムボートで近づき、異臭火炎瓶を投げ込んで無理やり乗り込み、
捕鯨反対の署名と嘆願を申し出ました。
次の日、新聞の一面とNEWSでは”日本捕鯨船 反捕鯨団体員を人質にとる”でした。
勝手に乗り込んできたくせに人質という言葉を繰り返し繰り返し、
このNEWSは1週間以上続きました。

 またグリンピースが日本捕鯨船を小型ボートで突進して妨害をしている最中、
GPの乗組員が一人が海へ落っこちて、日本船に救助を求めました。
日本は救助に応じ、GPの船は ”救出協力ありがとうございました”とメッセージを出した直後に
また日本船を襲うというまさにやりたい放題、報道し放題が続いています。

 こんな毎日報道されているのはオーストラリアだけでしょうが、
世界中の環境団体から日本の言動が注目されて、こっちにいる留学生も
学校のディベートで捕鯨について討論したり、コメントを求められたりします。
でも日本人は私を含めて”ホゲー???”  う~んよくわからん。。という人が多いと思います。

~捕鯨のNEWSは日本では流れていますか?~

おそらくあまりされていないと思います。
日本の主張はあると思うし、報道の内容にそれぞれの国の偏りが出るのは
しょうがないことですが、自分たちの国が何をしているのかわからない、
多くの他の国で日本の捕鯨について討論されているのに日本人がそれについて、
知らないということはとても恥ずかしいことです。

実際、捕鯨問題は歴史も絡み、賛成反対はどっちが正しい・間違いとは言えません。
私は反対ですが、違法もしてないし調査目的と主張する日本の捕鯨を支持する人は
たくさんいるし、海の生態系を守る上で増えすぎるクジラをとっているという主張も
本当ならば支持できます。

一方でまだクジラ肉を食べる地方の地域や店の為の
商業目的を隠すのに、調査という名目を使っているだけじゃないかという疑惑ももちろんあるし、
それだったら日本の領域でやってればいいのでは。。
オーストラリアの領域でそんなにいっぱいとらなくても。。
調査の為に年間1000頭もいらないのでは。。
大体クジラもう食べてないじゃん。。とも思います。
日本人クジラ今でもモリモリ食べてると思われてる誤解を解くのは結構大変。
エディーいまだに疑惑の目。

 オーストラリアの今の環境大臣は元GPの創立メンバーも一人でもあるらしく、
日本が何がアクションするまでバッシングが続くのではないかと予想されます。
こういうエクストリーム系団体から外交が出るのってすごい怖いんですけど。。
言ってわからなきゃ、暴力もありの団体だし。

 日本の主張があるんだったら、大きな声で言えばいい。
報道の義務があるはずです。法律を守っているからと、正当化して実際に迷惑なのは、
オーストラリアにいる日本人だと思います。

私は仕事柄これからオーストラリアに来るのを楽しみにしている留学生を
たくさん相手にしているので、来てみて悲しい思いや嫌な思いをしてほしくないと願っています。

 日本のメディアはもっと捕鯨の問題を取り上げて欲しいです。
日本政府は捕鯨について何を調査で行っているのか明確に発表して欲しいです。
私のブログを読んでいる人にはオーストラリアで起きていることを知って欲しいです。
そしてできれば考えてほしいです。長々と読んでいただいて本当にありがとうございました!

http://www.whaling.jp/press/press080107.html

http://www.icrwhale.org/gpandsea-geiken435.htm

http://www.whaling.jp/taiou.html

http://www.abc.net.au/news/stories/2008/02/01/2151688.htm


 

 


nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 11

やす

こっちでも捕鯨のニュースは流れてるよ。
ただ、主観が違うだけでこんなにも内容が変わるのかって感じだね。
日本は法律の範囲内で捕鯨をしているとか、シーシェパードの抗議活動が過激過ぎるとか、オーストラリアの芸能人が捕鯨反対活動に来てサーフィンで海に出ているとか。
日本の人たちも、もっと事実を知ったほうがいいと思うし、伝えないといけないと思うけど、オーストラリアの人も、もっと日本の現状を知らないといけないと思う。
おれ鯨食ったことないし。
日本の捕鯨問題もそうだし、オーストラリアの京都議定書もそうだし、自分たちの都合な悪いことは置いておいて、他の否定ばっかりするのもねぇ・・・。
みんながもっと広い視野で物事を判断できるようにならなきゃいかんと思います。
by やす (2008-02-03 11:34) 

mymai

捕鯨ニュース、こっちでもやってます! さすがに自体が重いみたぃで、けっこう聞きますが、個人的にも関心あるんで、チェックしてます。
なんか、うちが去年ラリアにいたときもそーゆー議論に何度かなったし、なんで食べるんだーみたぃなコトゆわれたけど、あたし食べたコトなぃし。一対一でも、意見の食い違いが多いなぁって最近思うんだけど、国をはさんで、文化が違うと全くかみ合わないね。 きっとお互いがお互いを理解しようとしなぃことが問題なんだろーけど。

あたしとしては、賛成とはゆわないケド、最近くじらの数が増えすぎてて、船が危ないって聞くし、捕鯨だけを反対するのはどうなのかなって思う。 それなら、全ての動物食べたらいけないと思いますけど。 あたしは最近料理の勉強してて、食べるのも好きだし、食べ物無駄にするのもだいっきらい。 自分を生かしてくれる食べ物に感謝することが大事だと思う。 って話題がずれましたが。
でも、捕鯨、日本人なのに知らないコトいっぱいあるから、あたしも調べてみよーって思うし、ラリアでどうなってるのか気になってたので、あみちゃん教えてくれてありがとー。 あみちゃん自身も嫌な思いしちゃってるんじゃなぃか、心配ですが、こうやって声にしてくれるコトで、気づけることいっぱいだから、大切なことだね~。 あたしも考えてみます。
by mymai (2008-02-04 00:17) 

asako

おはよう。

捕鯨の問題についてニュースでは見たけれど恥ずかしいながら、
「そんなことあるんだ・・・」と、流していました。

自分の国の問題なのに知ろうともしてなかった自分。
反省です。

もっといろんなことに目を向けていかなきゃなって改めて
思いました。

気づかせてくれてありがとう。

そっちにものっすごく行きたいんだけど、
3月中には行けそうにないんだ・・・(涙)

4月には帰ってくるんだよねぇ??

いつくらいまでいるか分かったら教えてちょ☆
もしかするといけるかもだし!!
by asako (2008-02-04 08:24) 

なおみ

でもね、けっこう居酒屋とかその辺のスーパーとかでも(!)売ってるのよ、鯨。スーパーで見つけたときはびっくりだったけどね。意外とまだまだ身近なんだと思うよ。
私はあんま鯨のニュース目にしないけどなあ。一応報道はあったけど、って程度な気がする。温度差がありすぎだね。
韓国の子達が皆、秀吉や戦時中の日本の朝鮮半島侵攻について、日本人の何倍も知識があってその分複雑な感情も持ってることを知った時、すごく恥ずかしくなったことを思い出したよ。
韓国人の友達に「10代の友達は誰も知らなかった。あなたが初めて」って言われた時はすごいショックだったし恥ずかしかった。
鯨のことも、知りさえもしない人が多いというのが現実なんじゃないのかな。問題に対する賛否両論は仕方ないけど、それ以前に、知らないことを恥じるべきだよね。情報が提供されないことが問題、でも、知ろうとしないことも問題だね。
by なおみ (2008-02-05 17:03) 

コロコロ

ども!アミさん!コロコロことユキです。祝!初コメントです。
アミさんいいこと書いてたので思わず書き込みたくなりました。

そうなんですよ。結局、一番問題なのはもはや捕鯨に「賛成か反対か」っていうことではなくて(僕はどちらかというと賛成です。)、あみちゃんの仰る通り両国に問題認識の温度差がありすぎること、またそれが原因で感情的な非難を応酬するのみの虚しいすれ違いにつながっていることですよね。

メディアの取り扱いにしても豪側は国民を煽り立てるような異常なバッシング、日本はほぼ無視、っていうサウナと水風呂みたいになっとるわな。

でも国の問題を直接、一個人につなげて個人攻撃をするようなあほな人間はどこにでもいるから、そういう人間が感情的になって非難してきても、こちら側もつられて感情的にならず友好的に、共同して情報を交換して何らかの接点を見出すのが得策のような気がする。捕鯨問題は両国の経済、領土、政治、愛国心、文化が複雑に混じりあった「捕り続けるか捕るのをやめるか」、という短絡的な問題ではないからね。

って、真面目に書いてみましたが、僕のHPにも以前に少し鯨のこと書いたのでまた見てみてくださーい!

また遊びにきます。
by コロコロ (2008-02-07 21:10) 

ami

>やっちゃん そうだね。自分の国に都合いいことばかり報道するのが
メディアもそうだし、もっと言えば日本の教育もそのように塗り替えられているもんね。オーストラリアの人にとっては、日本人がクジラを食べているかどうかが問題なんじゃなくて、捕っていること自体が問題になっているから、
それを知ったところえどうなるか。。 だから?ってなりそうだけどね。。。
捕っているのは本当だし、違反してないかもきわどいところですね。
本当、広い視野で物事を判断できるように!なりたいです!
by ami (2008-02-10 18:36) 

ami

>まいちゃん コメントありがとう☆お料理の勉強しているんだね!
さすが~そうそうなんでクジラだけ??ってこっちでも話題になっていました。オーストラリアでは人々のイメージにクジラが神聖な動物であることと、
単にかわいいから こんなことになっているといわれていますが、
昔はオーストラリアも捕鯨国だったらしい。
韓国が犬を食べることが例に挙げられたり、他の家畜は良いのかって
なるけど文化の違いとしか言いないよね。
牛・豚・鶏は食べられるって思い込みがあるし。
アイヌの人がアザラシを食べたり、戦後で食料がなくてクジラを食べるのも
それが文化だし、その方法しか生きる術がなかったからで、
何でも手に入る今日に捕鯨を続けなくても。。という気持ちはあるけど。

カンガルーもかわいいし、私も食べるのに抵抗があった。。
今はおいしくいただいていますが、日本人からしたら
え~~ってなるよね。まいちゃんも好きだから感謝して食べていたと思うけど、ほんとにありがとうの気持ちで毎日食べ物と接することが大事だね。
心配もしてくれてありがとう!私は大丈夫よ!
by ami (2008-02-10 18:47) 

ami

>asako コメントありがとう!報道の仕方にも問題があるんだと思います。
私のブログを見てそんな風に思ってくれてありがとうはこっちの方です!
そうそう、4月に帰ろうと目論んでいるのですが、もしかしたら観光で戻ってくるかも!でも一旦4月に帰ります。4月8日にこっちでる予定だよ~
by ami (2008-02-10 18:50) 

ami

>なおみたん That is exactly what I want to say!!そうなの~~~
世界で関心が高まっている中、知らないことって恥ずかしいけど、
そうなる理由はやはり報道の仕方にあると思うので
知らない日本人を責められない。北朝鮮のように外交が閉ざされているわけでもないのだから、このように報道されていることを、自分たちの
意見があるんだったら、世界はからはこう見られているけど実際は違うんだって日本側の声をもっと言って欲しいと思います。
コメントありがとう!
by ami (2008-02-10 19:20) 

ami

>コロコロさん わぁ~~ゆきさん 祝初コメントです!ありがとうございます!すごく嬉しいです!
サウナと水風呂わかりやすい!
そうですね。国民を煽るようなバッシングですね。。
先日Bwunswickに買い物行ったら、お店からシーシェパードの人たち
出てきて、私たちかなり凝視されて超怖かったです。。
なんかコソコソ話してるし殺される!と思いました。
ゆきさんのおっしゃると通り、シーシェパードなどの攻撃に
かなり頭にきますが、感情的にならずに友好的に話しあいできればいいですね。
by ami (2008-02-10 19:30) 

ティム

毎度のことだけど反捕鯨派って平気で嘘付くんだね。
オーストラリアはマスコミからして反捕鯨特有のデマ報道しまくるのは酷い話だ。

>報道の義務があるはずです。法律を守っているからと、正当化して実際に迷惑なのは、
>オーストラリアにいる日本人だと思います。

国際『捕鯨』委員会の法的根拠である国際捕鯨取締条約の目的は「捕鯨産業の秩序ある発展」だ。
どうして反捕鯨国は平気で条約違反の捕鯨反対行動をするんだ?
反対するならIWCと国際捕鯨取締条約から脱退してからにしろ!
あなたは鯨研と捕鯨協会のサイトを読んでいるのなら、違法行為しているのは反捕鯨国だと分かってるはずでなのに・・・

>一方でまだクジラ肉を食べる地方の地域や店の為の
>商業目的を隠すのに、調査という名目を使っているだけじゃないかという疑惑ももちろんあるし、

反対派はよくそういう出鱈目な主張をするけど、調査捕鯨は赤字な時点で「商業目的ではない」と分かりそうなものだけどな。
まあ日本の反対派からして
「赤字で無駄」と「調査に名を借りた商業」なんて平気で発言して
矛盾に気づかないアホが反対派なんだけどさ。

>オーストラリアの領域でそんなにいっぱいとらなくても。。

オーストリアの領域って、、、(笑
南極海は『公海』なんですけど
オーストラリアって南極条約を批准しているのに、南極を領土宣言なんて行って、そんな矛盾した主張どこの国が認めるんだか。
南極海は公海だからこそ、多くの国がマゼランアイナメやオキアミの商業捕獲を行っている。

多くの国がマゼランアイナメやオキアミの商業捕獲を行っているのに、オーストリアはどうしてそちらには文句言わないの?
捕鯨を差別視しているからですかね?

>調査の為に年間1000頭もいらないのでは。。

コホート解析というのは数百の捕殺サンプルを必要としますよ。
反対派はデマばかり言うので信じないようにしましょうよ。
まともに水産資源管理学を学んでいる人から見ると、反捕鯨派の主張って噴飯ものですから。
by ティム (2012-02-10 06:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。