So-net無料ブログ作成

セヴァンの地球のなおし方 [Eco]

 introduction_img01_s.jpg
相方さんが海外遠征で1週間ちょっといないので、お一人様満喫中。
金曜の会社帰りに映画を見てきました。[映画]

『セヴァンの地球のなおし方』というフランスの環境ドキュメンタリー映画です。
渋谷
アップリンクという、東急本店の先にあるとってもとっても小さな映画館。
環境に関する映画をたくさん上映しています。
場内も誰かのお部屋に遊びに来たような雰囲気でカウチにクッションで
寝そべった状態で見てる人もいるくらい、くつろぎ空間で素敵でした[目]
スクリーンも小さめで、1Fにはおしゃれなカフェがあります。
すごくゆったりできて、良かったー!

さて、以前から見たかったこの映画。
セヴァンの地球のなおし方
監督は、ジャン=ポール・ジョーさんで、「未来の食卓」の監督です。
1992年リオ・デ・ジャネイロで開催された地球環境サミットで
わずか12歳の少女が全世界の大人に向けて発信した
地球を守る為の魂の叫び。

「どうやってなおすかわからないものを 壊しつづけるのは もうやめてください」

セヴァン・スズキの伝説のスピーチ。
進行する環境破壊から地球を守る為、立ち上がった少女の勇気に
 
その場にいた誰もが心を動かされ、スタンディングオベーション。
リオのサミットから、彼女のスピーチから、
環境活動に対する人々の意識が変わり、立ち上がった人の輪が
全世界に広がったとも言われています。
その彼女が、結婚して子どもを授かり、子どもを守る立場となった今、
今の彼女の視点で伝えたいことを紡いだ映画です。

印象的だったいくつかのこと。
唯一の被爆国である、日本。原爆の恐ろしさを一番知るはずの我々が
原発に依存している現実。
震災のあるずっと前に撮られ、フランスで昨年公開されたものなのに、
原発の是非を問う今の日本にとてもタイムリーな投げかけ。
今、この映画が日本で公開されることは何か運命のようなものを感じました。

セヴァンは原発を「悪魔との契約」と呼びます。
確かに東電ですら、想定できていなかった原発事故やそれが引き起こした
今の状況、今後与えるであろう脅威は
あきらかに「どうやって治すかわからないもの」。
作るべきではなかったと今言っても遅いけど、私たちは美しいままの
快適な暮らしを受け継いだのに、私たちが受け渡すときは
それはもう壊れたものであるかもしれない。
それは自分の子供や孫や未来へを作る人たちへ、私たちが犯した犯罪であると言える。
罪には問われないけど、その罪は
重い。

そのつもりはなくても、豊かな暮らしが尊い未来を壊し続けている。
それに慣れてしまった私たちは簡単にすべて捨てることができないけれど
何ができるかを考えたい。

環境に対して自己中心的であれというセヴァンの言葉。
私も以前からそのような考え方をしてきたと思う。
地球の為、未来の為と言ってもピンと来ないし、漠然としちゃうけど
自分が生きる未来の為に、守るべき誰かのために。
守るべき誰かの大切な人の為に。
私の周りでも新しい命がたくさん生まれていて、会いにいって、小さな小さな手を握って考える。
この子が将来食べるごはんのこと。泳ぐ海のこと。その海でとれたお魚のこと。
生まれてよかったと思える未来に、私たちはしてあげられるのでしょうか。

セヴァンと同じ視点で未来を見つめる人たちということで、合鴨農法でお米を作る古野さんが
映画で取り上げられています。誇らしい日本の技術。
と同時に世界中で有機農業と謳っている中でも牛の糞尿を使うときに、
その牛が食べている肥料が中国産でその中には大量の農薬が入っており、
その牛の排泄物にも農薬が検出されて、せっかくの有機農業も堂々巡りで
意味のない循環をしてしまっている現状があるそうで。
わざわざ高い有機を選んでそんなことになるなんて、怖くて何を食べたら良いのやら。。

セヴァンだから伝えられることや、セヴァンの言葉だから響くことが私にはたくさんありました。
いい映画。
中国の方に見てほしいな。。
お勧めです。是非みてみてください。
アップリンク
セヴァンの地球のなおし方

introduction_img03_s.jpg
introduction_img02_s.jpg


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

かおり

ぜひ見てみたいです!
今までも漠然とこれからの子供たちが生きる未来はどんな風になっているのかと不安に思ったことがありますが、自分の子供が1歳になる前に
地震と原発事故があり、漠然としていた感覚が恐怖になりました。
今便利な生活になれている(特に日本人はそうですよね)私たちですが、
少しでも環境に配慮した生き方をしていかなければいけないですよね。
映画館にいけるかは分かりませんがぜひ見てみたいと思います^^
by かおり (2011-08-17 21:23) 

ami

>かおり 是非みてみて~スクリーンで見て!って感じの映画ではないから
大丈夫☆そうだねー子供がいる人は不安だし、怖いこといっぱいだよね。
頭でわかっていても行動に移すのはなかなか難しいけど、できることから少しずつがんばろうね^^
by ami (2011-08-18 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。