So-net無料ブログ作成
検索選択
メルボルン生活 ブログトップ
前の10件 | -

パロネラパーク [メルボルン生活]

SANY0089~1.JPG
今日はインフルエンザの注射をしたので、お家に早く帰り、
金曜ロードショーでジブリの「天空の城ラピュタ」を見ました。
何度見てもいいですねえ。夢とロマン。

ジブリの作品ではオーストラリアの風景や建物がよくモデルとして使われ、
mixiのコミュでも『宮崎駿の世界inAustralia』などあり、オーストラリアに旅行や留学した人なら
知っている人も多いと思います。

有名どころで言うと。。。

[リボン]魔女の宅急便・・・メルボルン(街並み)、ブリスベン(時計台)、タスマニア(パン屋さん)
[ドコモポイント]紅の豚・・・メルボルン グレートオーシャンロード
[台風]風の谷のナウシカ・・・カタジュタ
[iモード]天空の城 ラピュタ・・・ケアンズ(ラピュタのお城)、ゴールドコースト(飛行石)

などです。全部モデルとなった。。。と言われてるだけで
本当かどうかは分かりませんが。。。

ゴールドコーストを旅行した時に、飛行石のモデルとなった「土ボタル」を見るツアーに参加しました。
熱帯雨林の洞窟に生息し、真夜中に光を発する土ボタル。夜は幻想的で素敵だけど
実際はみの虫みたいで明るい時にみるもんじゃないって思いました。。。夢を壊す現実。

ラピュタのお城のモデルとなった「パロネラパーク」にはメルボルンにいる時から
ずっと行ってみたかったので日本に帰国する前にケアンズに寄って見て来ました。
なので今日はパロネラパークについて書きます。

ケアンズから車で一時間半くらい山の奥にパロネラパークはあります。
一言で言うと「ruin*」 廃墟のお城という感じですが、その佇まいには歴史があり
幻想的で美しく、パロネラパークの雰囲気がもう一歩踏み入れると夢の中みたいでした。
(以下 資料から抜粋)
SANY0088~1.JPG

The Dreams Continue・・・
’夢は想うものではなくて叶えていくもの’

言葉で言うのは簡単だけど、実際それを形にしていくのは難しい。
このパークの創設者 スペイン人のホゼ・パロネラは「いつか自分のお城を持つこと」
という言う夢を確固たる意志で貫いた人物です。

スペインでケーキ職人をやっていたホゼは、ある日カフェに張ってあった
「オーストラリアで線路工事の労働者募集!」という記事を見つけ、チャンスだと思い
それまでの生活を全て捨て、1913年、オーストラリアに渡りました。
しかし、線路工事の仕事はなく、シドニーからクイーンズランドに移動しサトウキビを刈る仕事を
始め、その後畑のオーナーになり、その土地を買ったり売ったり、開拓したり。
移民で全く知らないホゼはその仕事を続け16年。

1929年、立派に青年実業家になったホゼは長年の夢の第一歩である
パロネラパークの土地を購入しました。
お城造りですが、ホゼには建築の技術、知識はないに等しく、設計図は全て
ホゼの頭の中にありました。
しかし 至るところにホゼの工夫やアイディアが詰まっています。
47の大階段。
SANY0083~1.JPG
階段が広く、美しく見えるように漢字の八のような末広がりに作られています。
直接コンクリートを手で塗った指跡が残り、お城強化の為に使われなくなったサトウキビが
使われています。

電力がまだ普及されていないこの時代に滝を利用して水力発電が始まりました。
SANY0077~1.JPG

そして1935年ついにパロネラパークがオープンしました。[exclamation×2]

大広間、映写室、展望台、レストランがあり、大広間では結婚式やダンスパーティー
行われました。
SANY0076~1.JPG
観覧車、カフェ、演奏ステージもあり庭園ではテニスの試合も行われ、昆虫博物館などスポーツや
世界観も学べる施設で大人から子どもまで連日大賑わいだったそうです。
恋人たちの小道、愛のトンネルなど特別な計らいがしてあるカップルのための場所もありました。
14242895_85.jpg

しかし1946年、お城に大惨事が起こりました。
台風の影響でパークほぼ全体が破壊されたのです。
ホゼは諦めずパーク再建に夢を変え奮闘しましたが、全て修復されることなく
1948年に亡くなりました。
ホゼの夢は妻に受け継がれ、妻の死後は息子、そのまた息子を夢は引き継がれています。
しかし修復しても度重なる洪水により、その度に破壊され維持することが難しくなり、
1977年、パロネラファミリーの手を離れ売却されました。

新しいオーナーが見つかるも、1979年の大火災によりお城のほとんどが焼き尽くされ、
1986年の台風でついに廃墟化し、いつしか忘れられたパークになりました。

1933年、車でオーストラリア一周をしていた夫婦がこの廃墟を見つけ、
ホゼの長年の思いやパークの歴史に感動し、この土地を購入しました。

ホゼの夢を引き継ぎたいという思いだけでパロネラパークは人々に愛されるお城へと
蘇りました。そしてクイーンズランド州の観光賞、重要歴史文化財も受賞しました。

The Dreams Continue・・・ホゼが亡くなった後も、その夢が生き続ける。
その思いが受け継がれていく、この地を訪れたあなたが今度は何かを受け取って、
夢を形へと変えていってください。
それこそが The Dream Continueなのです。

SANY0091~1.JPG

ウルル [メルボルン生活]

SANY0008~2.JPG

最近よくテレビオーストラリアを見ます。

一生に一度は行ってみたい場所ランキング
世界ふしぎ発見でもメルボルンのことをやっていて
ちょっと ホームシックになります。最近またメルボルンに帰りたい病が。。

オーストラリアと言えばやはり取り上げられるのは「ウルル[ぴかぴか(新しい)]

The 観光[パンチ]私は仕事をしていたのと、チアでずっ行きたかったけど、
結局行けませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
いつか行きたい[グッド(上向き矢印)]

今日はウルルのお話。

アボリジニは部族ごとに聖地を持っています。
世界最大の一枚岩として有名なエアーズロックもそのひとつで、
アナング族という種族の聖地で、彼らの言葉で「ウルル」と呼ばれ崇拝されています。
部族の中の数名しか登ることが許されていなかったそうです。

今は雨季や気温が高すぎて登れないことはありますが、
多くの観光客がこの地を訪れ、誰でも登れるようになっています。

アボリジニは自分たちの聖地が汚されることに怒り、
観光を優先する政府とアボリジニの間で長い間裁判が行われ、
政府が敗訴する形で終わりました。

エアーズロックはアボリジニに返還されました。

しかし、政府がエアーズロックの入場料の一部を部族に還元するという形で、
現在も多くの登山客が登り続けています。

1700年代にヨーロッパ人がオーストラリアに渡り、先住民アボリジニの土地や言葉や
聖地を奪い、アボリジニの人口は90%減少しました。

その白人が「先住民の聖地」として世界中から観光客を集め、国からの援助金で
アボリジニたちは生活しています。

仕事も奪われ、土地を奪われたアボリジニたちは昼間からお酒を飲み、
お金を巻き上げたり、マリファナを吸ったりと、最近では怖いイメージを持つ人も多いです。
もともと温厚な性格のアボリジニでしたが、そうすることでしか生きられませんでした。

アボリジニの民族の間でも「聖地を守る」と「生活が大事」という意見に別れ
抗争を続けています。

しかし政府から援助がなければ、アボリジニたちは生きていくことができません。
自分たちの聖地に人が踏み込むことでお金をもらうアボリジニ。
オーストラリア政府もウルルの観光収入は大きい為、持ちつ、持たれつの関係になっています。

裁判では勝っても、アボリジニにとっての聖地は帰ってこなかったのかもしれません。


今のケビン・ラッド首相になって、オーストラリアは
”National Sorry” 国としての謝罪をし、記念日を設けました。

300年前のこと、ごめんなさい。

受け入れて共存していくことはできるのでしょうか。

偉大な自然の裏側で起こっている歴史と現実の問題。

皆さんはどう思いますか。

オーストラリアにとっては深刻な問題です。 


Victorian Bushfire [メルボルン生活]

SANY0815~1.JPG
先日までは日本のニュースでも取り上げられることが多く、
ご存知の方も多いと思いますが、オーストラリアVictoria州で犠牲者200人以上を出す
オーストラリア史上最悪のBushfireがおこり、きのう22日に犠牲者を追悼するメモリアルが
メルボルンのロッドレイバー・アリーナで開かれました。
”Australia's worst natural disaster”

干ばつのひどいメルボルンでBushfireは毎年避けて通れない自然災害で
日本で例えると夏の南の台風のような感じです。
今年は史上最高気温も観測されて45℃、46℃といった毎日暑い日が続き、
例年以上の干ばつによる火の回りの速さと、
あまりの暑さに家中のカーテンを締め切っていた為、人々が火事に気づくのが
大幅に遅れてしまったというのが、原因と言われています。
そして今も数箇所燃え続けています。

大分前に多くの犠牲者を出し長い間、オーストラリア史上最悪の山火事と言われた
”灰の水曜日”と言われるメルボルンでのBushfireが犠牲者75人なので、
今回の被害の大きさがよく分かります。

Bushfireがあった場所は私が住んでいたところからは大分離れていますが、
このブログでも何度も登場したGreat Ocean Roadに行く途中の山林はメルボルン北部
なのであの辺かな。。と景色を思い起こし心傷みます。

私の友達も直接被害にあった人はいませんが、Facebookという世界版mixiのような
サイトでは友達のページを見てみると、その地域に別荘を持っている人の
「私は無事ですメッセージ」のようなものもあり、とても身近に感じます。

許しがたいのは、今回起こったいくつかのBushfireは自然発火のほかに放火
による発火もあり、既に1人逮捕されています。
何にもない広い山に燃えていく火を何週間も止めることができず
大自然の驚異とも思いますが、その何百人のも犠牲者を出す原因が
放火やたばこの不始末だなんて、それが原因で何千人もの人が
大切な家族や、友達や、家や思い出も全て失ってしまうなんて
本当にかける言葉がありません。

fires3_14q1hl6.jpg
そんなときでも消防士さん、地元のボランティアの人々に
感謝の言葉を掲げたフラッグが印象的です。

Australian Red Cross(赤十字)では被災者の方に救援物資の呼びかけ、
インターネット上のDonationも行っています。

http://www.redcross.org.au/vic/services_emergencyservices_victorian-bushfires-appeal-2009.htm


再会スペシャル [メルボルン生活]

SANY0078~1.JPG
メルボルン旅行の続きです。
半年にぶりに大好きな人たちに会って「おかえり」って言ってもらいました。
ただいま!


SANY0190~1.JPG
Red Backsの練習へ。私と入れ違いでチームに入ってくれたKumi。学習院でチアをやってて、
メルボルンで会いました。一回日本に帰って働いてからメルボルンにワーホリで戻ってきた
RedBacksの救世主。ありがとー!
大会前で色んな問題を抱えているらしく、Daveからは日本にいるとき毎日のようにメールが。。。
でも練習みたらみんな元気そうで安心しました。知らない人もたくさんいたけどめっちゃ楽しかった!

続きましてエディ。
SANY0131~1.JPG
私のホストブラザーです。日本人のように見えますが、オーストラリア生まれ育ち。
4月に日本へ遊びにきたエディーは日本語勉強中。
KOKO BLACKへ。
SANY0361~1.JPG

ガキの使い「笑っちゃいけない学校」にYou Tubeではまっているらしく



いやーん 似てるー!その、ものまね してる人初めて見たよー。
爆笑でした。

SANY0232~1.JPG
前一緒にシェアで住んでいたセシリアのお家へ。
レモンシュガークレープを作ってくれました。
SANY0237~1.JPG
SANY0238~1.JPG
地味・・。でもおいしいのです。
セシリア変わらずきれいで、楽しいおしゃべりをしてきました。
ガリも久しぶり~
SANY0235~1.JPG

続きましてJUN。
SANY0241~1.JPG
9月から調理師学校行ってて、勉強大変そう!
でも頑張ってまーす。

Samuraisの試合に毎年応援に来る、相方さんのママと今年もずっと一緒だったのですが
ママがBulldogsのAkaの大ファンなので公開練習へ行ってきました!
↓Aka
SANY0145~1.JPG
aka 

そして出待ち!ママは日本からAkaにお土産を持ってきてて、
サインと写真を狙いました。
SANY0173~1.JPG
ほとんど全員分のサインをもらえました!
2時間半くらい待って・・・
ちゃっかり私もAkaやイケメン、ダニエルと写真撮ってもらいました~

続きましてIAE。お世話になっていた会社の方が集まってくれました。
今回は日本人部門。もう会社にいない方々も来てくれました。
写真暗くてどうしようもないけど。。。
ドイツ料理行ってすごくおいしかったです!
SANY0245~1.JPG
あつこさん
SANY0246~1.JPG
まさやさん
SANY0247~1.JPG
なおきさん
SANY0250~1.JPG
Yuさん

AFLも観に行きました!
ママのご要望によりBulldogs VS Sydney 
SANY0286~1.JPG
白熱の試合で応援してるドギーズが勝ったので気分良し。

私が向こうに着いて一発目の仕事先レストランへ鉄板焼きを食べに行きました!
SANY0226~1.JPG
昔一緒に働いていたみどりちゃん。
ママ ご馳走様でした・・・・


Red Backsのみんなは出発の朝当日も集まってくれました!
この他にもチームメイトが出てるHipHopのShowcase観に行ったので
滞在中に3回も会えてHappy!
SANY0353~1.JPGSANY0357~1.JPG

そしてそして~~~
SANY0291~1.JPG
ハブさん[ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)]
SANY0323~1.JPG
半年経ったら大きくなってるだろうなー
いっぱいお話できるようになってるだろうなー
私のこと覚えてるかなー
色々思いを巡らせて、プレゼントもどっさり買って会いに行きました

鼻ふくらませハブさん
SANY0299~1.JPG
撮ってみるハブさん
SANY0300~1.JPG
何かの怪獣か化け物で撮られてみるぐっさん
SANY0302~1.JPG
満足したハブさん
SANY0301~1.JPG
がわいーがわいー!!!
きー!!

と相変わらずのかわいさ全快!

プレゼントも喜んでくれて、癒しと幸せをもらいました!
いい子に育ってくれていてありがとう!ハブさん!ウルウル

私の2年を輝かせてくれた大好きな人たち。
またいつか戻ってきたいと思います。
ありがとう!私の第2の故郷[家]



My Hero [メルボルン生活]

SANY0071~1.JPG
日本に帰ってきました。ただいま!
メルボルンはちょうど春のはじまりでした。

SANY0075~1.JPGSANY0085~1.JPG

AFLのグランドファイナルも迫っているのでメルボルンの街はFootyだらけでした♪
SANY0142~1.JPG
SANY0140~2.JPG

SANY0090~1.JPG
今回の渡豪目的。サムライズさんです。
日本のFooty代表チームで多くは学生さん、プラス社会人と相方さんのように
オーストラリアでplayしている選手たちで構成されています。
International Cupは3年に一度メルボルンで開かれているそう。

私が行った頃はもうほとんどの試合は終わっていて、遠征から戻って最後の試合でした。
最後の相手はアメリカ戦。

アメリカ強かった~。結果は負けてしまいましたが、日本もいいプレーが出ていて、
思い切り戦ってアメリカが強かった!と言う感じなので、しょうがないです。

強豪サモアを破って、結局日本、今年はトップ8に入れたそうです。
ちょっと私もピンとこないけど、いつもは12位とからしいので大健闘!らしいぞ!
よくらからないが、そうなのか! じゃあ良かった! バンザーイ

相方さんは5試合中 3試合Best(MVPのようなの)も取ったみたいですし。
サモアの試合は終わった後みんなうれし泣きしてたみたい。観たかったな~・・・
SANY0104~1.JPG

IC%E5%86%99%E7%9C%9Ffrom%E8%A5%BF%E5%B1%B1[1]~2.jpg

SANY0111~1.JPG
相方さんと同様、現在メルボルンローカルチームでFooty中のぐっさん。
試合終わったあとのこんな感じ。  せ、   青春~~~~~~~
いい顔してます。  ぐす。

言葉もいらず泣けました。

相方さんは、オーストラリアにFootyの為だけに一人で来て、
その後ろ姿を見て実際学生さんがあとを続いています。
与えている影響力は大きい   ・・・と思う。。
マイナースポーツだから何をするにも難しいけど、
あとに続く人の為に色々考えて挑戦していて、道を作り出して、歩いています。

パイオニアにはパイオニアの苦労が、後に続く人にはプレッシャーが
それぞれみんな辛い思いをするものですよね。

私が帰ったすぐあとに、試合中クラッシュして頭を打ち、
しばらく記憶喪失になってしまいました。
その時は本当に大変で、私は日本で何もできなくて一人で大変そうでした。
その後もケガが続いて今年はケガに悩まされた年でした。

英語やビザで大変苦戦もしました。ビザ降りなくて緊急帰国なんかもあったし、
とにかくお金がなくて毎日働きながら体づくり。体重を増やすために筋トレして
無理やりごはんを食べて。。

オーストラリアにいる間はずっと日本人向け新聞にコラムの連載を持って
Footyの紹介をしていました。
お休みの日は私にキックを教えてくれて公園で練習。
私が帰ってからは友達いなくて引きこもり。。
まさにFootyのことだけを考えて生きてきた2年半。

英語も話せず一人でやってきたサムライを地元のオージーチームメイトは
すごく助けてくれて、仕事先の人にもたくさんの人に応援してもらって、
最後はチーム優勝できて。。。と

いいことも辛いこともたくさんありました。
特に今年はケガでやりたいことができなくて辛かっただろうと思います。

私はほんの一部しか知らないけれど、それでも色んな場面が
ぐるぐるしてとても感動しました。
試合の終わりの合図は、重かった。

頑張る姿 目に焼き付けておきました。

お疲れ様。

SANY0113.JPG
(注:相方さんではない・・・)

ひなまつり? [メルボルン生活]

SANY0661~1.JPG
祝日の少ないオーストラリアですが、月曜はLabor dayと言って勤労感謝の日?でお休みです[揺れるハート]
それで20日すぎからはイースターでまたまた大型連休[ー(長音記号2)]わーい[ハートたち(複数ハート)]わーい[かわいい]
先週 ひな祭りでしたね。こっちにいるとそんな雰囲気は全くないけど、
生徒さんの一人が鬼のお面を持ってきてくれました。

。。。

ありがとう[リボン]

でも これ。

節分だよね。

メルボルンでもなんとかひなまつりを祝おうぜ![手(グー)]と少し努力してみたものの、
さすがにひなあられは売ってないので、ジェリービーンズを買ってきました。

そしてみんなで年の数だけ食べました。

。。。

あれ。

それも節分では[exclamation&question]

ひなまつりって何をするのか 討論に。

「なんかSUSHIをどっかの方角向いて食べるんじゃなかったっけ?」

ことごとく、節分とかぶっている。
私も混乱してきた。

「巻物は節分で、ひなまつりは ちらし寿司だよ」

そうそう

「地方によっては太巻きはお祝い事には必ず出るから、一概にはいえないよ[exclamation]
私の田舎ひなまつりも太巻きでるもん」

へぇ~そうなのね。ちらしかと思っていたよ。

「なんか包丁持った人鬼がくるんじゃなかったけ?」

ひぃー。。[どんっ(衝撃)]それ なまはげ。。。

話せば話すほど、分からなくなってきた。。
とにかく外国生活が長いとわからなくるのねー。。中には10年以上こっちに住んでて日本で帰っていない人も。
2年なんて短いもんよ。

結局、鬼のお面をかぶって、ジェリービーンズを年の数だけ食べるという、
全く以ってひなまつりとは関係ない行動をしたものの、
日本にいるときよりは、”ひなまつりとは”を考えられた節句になって良かったような気はする。





海とCafeとお散歩。 [メルボルン生活]

SANY0649~1.JPG
先週末、お友達がビーチ沿いのCafeでシェフをやっているので、ブランチに行きました。
とてもいい天気で風が気持ちよくて、ごはんもおいしくて、とてもhappy[グッド(上向き矢印)][晴れ]
眺めのいい席で特別オーダーのメニューを作ってもらっちゃいました。
SANY0641~1.JPG
おまかせクリームパスタ。マッシュルームとベーコン。なんかソースがピンク色で
すごくかわいくておいしかった[リボン]
隠し味に少しトマトソースを入れるのだとか。ナラうま。
SANY0642~1.JPG
サーモンのオムレツ。ナラ~[るんるん]
SANY0640~1.JPG
ハートリーフのカプチーノ[喫茶店]

おいしいものでお腹が満たされるって幸せ・・・[揺れるハート]

CIMG2049~1.JPGCIMG2051~1.JPG
通りがかりの犬ですが。「Sex and city」に出てくるエリザベスみたいなの。[ハートたち(複数ハート)]
SANY0646~1.JPG
天気が良くて、風が強かったのでヨットがたくさん出ていました[船]←はやくね?

SANY0654~1.JPG
帰りに本屋さんとCafeが一緒になったお店に寄って、モータショーに行って、
Hotpotという火鍋を食べて帰ってきました。
盛りだくさんの1日。

疲れの取り方。 [メルボルン生活]


先週、怒涛の1週間。AUSの大学・TAFEの入学時期で仕事がもうすごいことになっていました。
先輩がお休みに入ったので新人2人でてんやわんや。引継ぎ+自分の生徒のことを
考えることいっぱいすぎて、頭がすごい疲れ、1日終わって帰るだけでとても疲れました。。。
やっと1週間終わったので、なんとか落ち着きそうです。か~大変だった。。
ということで、癒しを求めに週末 飲茶へいってきました。

私の最大の癒しといえば。。。

そう。


ハブさん。

葉っぱを見つけて喜ぶハブさん。

かいじゅうのヘルメットをかぶり、葉っぱを見せてくれるハブさん。

あぁ。。。。 かわいい。。。。

癒されるぅ 飲茶もごちそうになってきちゃいました。
ありがとうございました。


帰りにチームメイトの友達がパントマイムやっていたので写真とってきました。
マイムすごい上手だった。
このあと練習へ。練習でも大きい声出してみんなと笑っていたら、ストレスも発散。
また明日から頑張れます。天気も良くて元気が出る。
みんなの言葉に笑顔をもらう。
色んな人にありがとう。支えられて生きています。


自転車にのって [メルボルン生活]


3連休だったので、とてものんびり過ごしました。パスタを作ったり、
久々に美容院に行って髪を切りました!


この写真さえ1年以上前!!パーマのくせが少し残ってて
地毛が生えてきてカラーしてたところがもう傷みまくり、ボロボロだったので、
ダメージがひどい死んでる茶色い部分を切ってもらいました。
見た目あまり変わらないがかなり切って軽くなりました。出来上がりはこんな感じ♪
↓        ↓       ↓


わからない。。。
撮ったら載せます。載せるかな。いや載せないな
今日はチャリンコでBrunswickのSydney Rd.まで遊びにいきました!
チャリンコはあまり得意ではなく、こっちはヘルメットの義務もあり、車道走らなきゃいけないし、
何よりチャリンコ持ってないから乗れなかったんだけど、シェアメイトの借りてぷらっと
いってきました!久々のチャリンコ!怖い!楽しい!気持ちいい!
Sydney Rd.はおしゃれなCafe、雑貨屋、古着屋さんがいっぱいあるのですが、
今日は祝日でいつもはもっとにぎわっているっぽかったです。
古着屋久しぶりに行ったんだけど、かなり私好みなものがたくさんで
久々にたくさん服を買ってしまいました。帰るのに荷物増やしたくないんだけど、
残念ながらリピ確実で足を運びそうです。


Sydney Rd.というだけあって、看板にSydneyまでの距離が!!
857㌔って!!! おちゃめ。


チャリンコと古着屋の試着でお腹をすかせたので、Organic Cafeへ。
狙っていたCafeが休みだったんだけど、たまたま入ったこのお店の
ブリトーがナラうまでした。グラカモアというアドガドのソースとサワークリームを
つけて食べると絶品!お家では真似できぬ味でした!


自転車久しぶりですごく楽しかった~!休日にもうちょっと遠出してみたいです♪


May God bless you [メルボルン生活]



Merry Christmas!
素敵なクリスマス過ごしましたか?こちらは25日26日と祝日でお休みです。連休~。

陽気にパーティーすることもなく、静かにのんびり過ごしてしまいました。
イブのクリスマスキャロルとか夜のミサ出たかったんだけど・・・
夜眠くて・・・。
クリスマス、朝のクリスマス礼拝出たかったんだけど、
朝、眠くて・・・。     ・・だめ人間。。
何気に韓国にはクリスチャンが結構いて、友達曰く、
”クリスマスだけ教会いく人とかミーハーですごく嫌~”みたいなこと言われたことあります。
そのときは”そうだろうな~ でもクリスチャンならもうちと広い心で受け止めてみてはどうだろう”と
思ったりしたけど、クリスマスだけすら行くことができなかったよ。。

クリスマスの朝、目覚ましのセット通勤モードから変えていなくて、早朝鳴ってしまい
目覚めたら枕元にプレゼントがありました☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆♡(→ܫ←)♡
サンタさんありがとう!

とてもスウィートなカードがついていました‿ (uܫu✿ฺ)
プレゼントは去年に引き続き私が欲しがっていたおもちゃです!!いくつだ~

左が去年ので右が今年もらったものです♡(→ܫ←)♡

電気消すとこんな感じ ラブリーヽ(´ー`)ノ大事にします
ありがとう~
クリスマスディナーは一品ずつ作りました。相変わらず家。

私*チキンの赤ワイン煮込みとマッシュポテト

相方*マグロのカルパッチョ

私*ブッシュドノエル   全部おいしかった。
クリスマス おいしい。

そんでもって、今日26日はBoxing Dayといって、毎年、年に一回行われる大セール。
どこでも50%OFFくらいで驚異の値下げです。でも今日だけ。
高級デパートMyerもなんでもかんでもSaleなので街行く人はみんなMyerの
ショッピングバック持っていました。日本では丸井が。。とかラフォーレが。。とか
だけど、ここでは、町中どこでもSaleなので人々の賑わいがすごかったです( ̄□ ̄;)!!

うちもコットンプランケット(50%OFF)ラコステスニーカー(30%OFF)
夏物ワンピ(50%OFF)夏物パンプス(40%OFF)夏物ブラウスを購入。

ティファールの圧力鍋とリネンセットも欲しかったんだけど断念しました。
セールじゃないと買えない値段だったり、ずっと欲しいとは思ってるけど
勢いがないと買えなかったりするので、なんだか今日はたくさんいいもの買えて
発散できました!年末まであと少し~がんばろー。






前の10件 | - メルボルン生活 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。