So-net無料ブログ作成
検索選択
思うこと ブログトップ
前の10件 | -

被災地ボランティアレポート② [思うこと]

P1070884.JPG
石巻から戻った翌日から再び、会社のボランティアに参加しました。
代表が急にボランティアに行くと言い出したのが、出発の10日前くらいで・・・[がく~(落胆した顔)]
今回準備や手配をやらせてもらっていたので、バタバタでしたが無事に
催行できて良かったです。

今回は思いっきり、泥かいてきました。

金曜日。仕事終わりでみんなで東京駅から新幹線で仙台へ。
前泊して朝6時過ぎに出発。一度専修大学石巻キャンパスへ。
こちらにボランティアセンターがあります。[ひらめき]
ボランティアセンターからの指示で渡された地図

石巻から遥か遠く離れた尾崎(おのざき?)ということろで、
ボランティアセンター
からも1時間くらいかかりました。
大川小学校を更に北上した場所でした。
大川小学校から先は通行止めになっていて、道が既にない為、
自衛隊の方が新しく作った道を通ります。
おととい、この場所にいたのだということが、とっても不思議に思いました。

その道沿い、津波の被害で遥か彼方まで何もありません。
360℃見渡してみても、何もない。
家がひしめきあっていたと説明を受けても、想像もできないほど
何もない。家の残骸すらない。
全てを飲みこんでしまう津波の脅威に車内も茫然としていました。

更に北上し、現場に到着しました。
現場エリアは家の外観は残っているが中が流されてしまっている
状況で、家屋の中や周りの泥かきをしてきました。
P1070893.JPG
P1070900.JPG
男性陣はがれき撤去、女性陣は夢中で泥をかきかき。
泥かきって。。。響き簡単そうだけど、ものすごく。・。。大変でした。
水を含んでとっても重いし、低い姿勢でやっているから腰が痛くて
泥の中に、お茶碗やビデオや写真や自転車など、なんでも入っているので
おりゃーとやるわけにもいかず。炎天下の下2時間程で疲労困憊。
結構スポーツをしていた私もしんどい感じだったので、普段運動していない人には
相当大変だったと思います。
塩分と水分をこまめにとって。
日陰に入って。
熱中症にならないように、気をつけました。
P1070892.JPG
長期でボランティアに来ている人とお話する機会がありましたが、
これがなかなか若くてかっこいい為、その人が来ると女性陣が、
泥かきがんばるがんばる。
こんなことで、随分がんばれるものだと しみじみ話していました。。。

その方ボランティアに来るためにお仕事を辞めて、こちらにい
るそうです。
なかなかできることではないし、本当にすごいと思うけど、
生活もあり、仕事もあるので同じようにはできません。
やらなきゃいけないことはたくさんあり、ボランティアの数も全然足りない。
時間とお金をかけてここまで来ても、ほんとちょっとしかできないなーと
もどかしい気持ちでした。

3時すぎに現地を出発。
大川小学校でお線香をあげて帰ってきました。
会社の人は半分くらい外国の人でしたが、
すごくこみあげるものがあったようで、自分たちのやったことは
ほんのちっぽけで、役に立っているかさえ分からないけど
日本の絆を強く感じて、本当に行って良かったと、言ってくれました。

今回ボランティアに行くきっかけは会社の代表が、本国に帰るので、
お世話になった日本に何か少しでも恩返ししたいということで
鶴の一声で決まったのです。
代表はリーダーシップがあり、行動力があり、日本が大好き。
最後に一緒にこのような活動ができて良かったです。

作業場からバスまで帰るときに少し話したところ、

5年後に必ずここへ戻ってきたいと言っていました。
5年後に戻って、そのころはもう家
も建って、
人々も戻ってきて、活気のある街に戻っていて、
感動しながら
「5年前は、あの時は何もなかったのになぁ」って言いたいよ。
と言っていました。

外国の人にもそう思ってもらえるなんて、
本当に素敵なことです。
代表にそう思ってもらえるよう、残された私たちで
少しづつがんばらないと!と思いました。

交通費や宿泊代、長靴や備品など自分たちで行こうと思ったら
時間もお金も手間もかかってなかなかいけないところを
会社から後押ししてもらい、とても感謝しています。

もう代表は帰ってしまうのですが、来週また会社で
第二回目があるので、また行ってきます[パンチ]
また長々読んでいただきありがとうございました!







 


被災地ボランティアレポート [思うこと]

P1070845.JPG
週末にボランティア行ってきたのでレポートします。
金曜の仕事の後、東京タワーから夜行バスで出発[バス]7時間くらいかけて
石巻へ。


P1070813.JPGP1070824.JPG
今回アースデイの天ぷらバスツアーに参加しました。
天ぷらの廃油を燃料に走るバスです。
アースデイは地球に優しいエコ団体で代々木公園でイベントもよくやっているので
実家も近いことから、マーケットやイベントは以前からよく参加していてました。
↓参加したツアー
週末ボランティアツアー
とりあえずバスでは眠り、翌朝参加者の自己紹介などしました。
2,3回休憩は入るけど、やっぱりお尻がちょっとイタかった。

P1070821.JPG
石巻港に近付くと、それまでの状況と一変。
がれきの山が広がり、ずっと続きました。
この辺りでは被害が大きかった地帯です。
テレビでは見てきた光景ですが、やはり目の前にすると
全然違いました。茫然としてしまいます。

P1070854.JPG

P1070852.JPG
今回作業をすることになった地域です。ここは大川小学校
川から近く、全校生徒の7割が亡くなってしまいました。

P1070849.JPG
作業の前に慰霊碑と献花台にお線香をあげさせてもらいました。
亡くなった子供たちにむけて、ご両親からお手紙やぬいぐるみ
鶴などが捧げられていました。
お手紙は、見えるようになっていて
「助けてあげられなくてごめんね」
「○○ちゃんがいなくなって毎日泣いて暮らしてします」
「○○ちゃん、津波で家がなくなって、ここへ引っ越したので住所を書いておきます。
生まれ変わってきても迷子にならないように。。」
辛くて途中で読めなくなってしまうほど、ご両親の思いが詰まっています。

今回の作業は宝物アクションと言って、
大川小学校付近で発見された
かばんや学校の教材などのお掃除と、見つかった写真の洗浄でした。
きれいにして、持ち主に返すまでをお手伝いしています。
多くの子供たちの遺留品となっているので、ひとつでも多くのものが
持ち主、もしくはご両親の手元に戻るように。

P1070858.JPG
広い体育館がいっぱいになってしまうほど、たくさんのものが
流れ着いていました。

P1070862.JPG
泥だらけになっても、破けてもきちんと残って、意志を持って
ここまで辿り着いたような気がします。

P1070856.JPGP1070860.JPG
P1070866.JPGP1070868.JPG
P1070863.JPGP1070869.JPG
かばんやランドセル、上履き、ユニフォームなど数も多くて
ひとつひとつ見ていると胸が苦しくてとても辛くなります。
私はこのあと写真の洗浄をしましたが、大川小学校のユニフォームを着て
映っている写真もあり、そのユニフォームも遺留品としてここにあること、
悲しくて泣きながら仕事をしていました。
できることは、ひとつでも多く残されたものをきれいにして、
持ち主に戻ることを願うだけです。

写真の洗浄は、まず救える写真なのか、そうじゃないのか、
水で洗浄できるものか、水は使えないものか、被写体の顔が見えているか
などAからDまでに選定するところから始めます。
選定の作業が一番難しいようでした。
一緒に行ったなつこ先輩とさじはこちらの部門でのお仕事となりました。
私は実際水で写真を洗う係をやらせてもらいました。
水を使える分類にある写真でも、実際洗ってみると、色が変わってしまったり
ボロボロとはがれてしまうものがあるので、とても気を使いました。

一枚一枚、写真を選定し、水で洗い、水で洗えないものはハケや歯ブラシ
で泥を落としてふきんで拭いて、干して、持ち主を待っています。
写真が蘇るまでに、とても多くの人の手にかかり、
今ここにあるもの全て、たくさんの方の力のおかげで
ここまでに至っているのだと思いました。

教材の掃除のお仕事をしたチームは、かばんの中の、絵の具道具の中の、
パレットや絵の具ひとつひとつにも泥が入り込んでいて、
取り除くのがとても大変だったそうです。

どちらも作業自体はとても地味で時間もかかりますが、とてもやりがいがある
お仕事をやらせていただいたと思います。
被災された方は他にやらなければいけないこともたくさんあるだろうし、
その時間の分、自分たちの持ち物を探す時間にあててもらいたいと
思いました。

作業をしながら、地元の方が自分の持ち物や子供の残したものがないかと
探しにみえていました。機会があったら話かけていいですよと
言われていたけれど、私なんかがかける言葉なんか正直、ないです。
どんな思いで、何を探しているか 軽々しく 聞けないし、
お手伝いできることがあれば別だけど。。と会釈くらいですませていました。

これをここに移すとか、これをきれいにするとか、誰でもできることを
粛々とやって粛々と帰る。誰にも褒めてもらわず、やったことが少しでも
いつか誰かの役に立てばいいなと思っていましたが。。。

ボランティアのリーダーの方に託された、一通のお手紙。
ボランティアの方々皆さまへ とのこと。
先ほど見えられた、地元の方からでした。
リーダーから拝借して読ませていただきました。


P1070871.JPG
”悲しい出来事ではありますが、こういうことがなかったら
皆さまとお会いできませんでした。すべてをなくしお礼もできませんが
心から感謝申し上げます。有難うございました。”

とても胸にこみあげて、そのあとも泣きながら作業していました。
どうしてこんなことになってしまったんだろうなとか、
こんな状況で人に感謝するなんて、自分だったらできないだろうなとか
今回の活動を通して、色々なものを見て、聞いて、思って
色々な経験をさせていただきました。
本当に参加して良かったです。

ブログに書くこと、写真を撮ることも批判される方もいるかもしれませんが、
活動を通して、被災地の状況やボランティアの活動内容、体験を通して
感じたことなどを少しでも多くの人に伝え、何か感じてもらったり、
興味を持ってもらうことが、参加した私たちの責任だと思いました。
これを見てボランティアに興味を持ち、参加してくれる人が
いて、その人がまたお友達を誘ってと枝葉のように広がっていけたらと
思います。


長々読んでいただきありがとうございました。


写真洗浄後の干した写真たちです。
一枚でも多く、持ち主の元へ戻りますように。

P1070875.JPG
そして明日からまた、今度は会社で石巻へ行ってきます!
今度はもっと力仕事ができればいいな。


泥かきボランティア [思うこと]

週末に石巻へ泥かきボランティアに行ってきます。
本当は5月のゴールデンウィークに行こうと思っていたのですが、
食べものも飲み物もトイレも不足しているような被災地の状況の中で、
自分で全て自己完結はできないだろうと思い、
ボランティアバスのツアーへの参加を考えていました。
なかなか予定が合わなかったり、バスが満員だったり、とズレこんでしまいましたが、
やっといけることになったので、どれだけ役に立てるか分からないけど
できることを頑張ってきたいと思います。


 


31 [思うこと]

P1070542.JPG
になりましたー[バースデー][バースデー]パチパチパチ[手(パー)]
12時丁度にうちの両親からバスキンロビンズのロゴを持って
おめでとーという写真が送られてきました。二人ともなんてキュート![目][ハートたち(複数ハート)]

誕生日は5月20日なのですが、毎年 とーーーっても気持ちのいい日で
緑がきれいで、1年中で一番好きな頃です。[iモード]
みんな大体お誕生日の気候が好きなものなのかしら・・?
毎年気持ちのいいHappyな誕生日を過ごせるので、
この日に産んでくれたこと、両親にとても感謝[かわいい]


当日は待ち合わせ場所と時間だけ相方さんに教えられて
どこにいくか 秘密。。[モバQ]
ということだったのですが、着いたら半ば予想通りの(←失礼 笑)
思い出のフレンチレストランでした。

P1070523.JPGP1070521.JPG
P1070522.JPGP1070516.JPG
外からは全くレストランと分からないお店で、住宅街の中のお家のようなので、
初めての時もそうとう道に迷いました。。[モバQ] それで、また今年も迷ってしまいました。。。
料理がとーーってもおいしくて、フォアグラもお肉も契約農家の野菜もおいしくて、大満足[手(チョキ)]
メニューがそんなに変わらないのが多少残念なのだけど。。
デザートと一緒にHappy Birthdayのオルゴールを一緒に持ってきてくれます[グッド(上向き矢印)][キスマーク][ぴかぴか(新しい)]
とっても静かなレストランなので、歌ったりするでもなく、
静かにおめでとうございます・・・とそっとオルゴールを置いてくれるのです。
おしゃれ[ぴかぴか(新しい)]

相方さんからは事前に奮発したプレゼントをいただいていたにも関わらず、
ジュエリーをいただいてしまいました[ふらふら]
ありがたい[あせあせ(飛び散る汗)]おなかいっぱいで帰ったら、お家でもまた じゃーん と
メッセージカードとプレゼント・・[プレゼント]なんだか今年は力を入れてくれたようです。

お家からもプレゼントが届きました。
かわいいかわいい、片手鍋。前に母と買いもの言ったときに
片手鍋欲しいと思っていたのを聞いて覚えていてくれたようで。。
さりげない会話からプレゼントを選んでくれるのって素敵よね。
ほんわりと優しさに包まれて、ふわふわ幸せな気持ちでした[演劇]

P1070532.JPGP1070533.JPG

思ってくれる周りの人に感謝して、日々丁寧に生きる!
私もほんわりの優しさで包んで、ふわふわした幸せな気持ちにさせられるよう
がんばります[揺れるハート]

P1070517.JPG


ANZACと 豪首相の来日。 [思うこと]

きのう4月25日はオーストラリアの祝日アンザック・デイ(戦争記念日)でした。
オーストラリア滞在時のANZAC DAYについてのブログはこちら

そんな中、オーストラリア初の女性首相ジュリア・ギラード首相が先週初来日。
海外の首脳では初めて被災地を訪問してくださいました。
しかも南三陸町。あの町長さんの説明を受け、避難所や被災地を
回っていました。
南三陸町は、地震直後オーストラリアの救助隊が派遣された場所で
首相自ら訪問を希望されたそうです。

ジョディ・フォスターみたいよね。とっても美人
来日の秘話も感動的なんです!!!
 

 ジュリア・ギラード首相を動かしたのは、少年からの手紙 

 子どもの純粋でまっすぐな優しさに、感動!
心温まるその優しい優しい手紙を、日本の首相まで直接届けてくれるなんて。 

『約束通り渡しておいたわよ』のあたりなんて。。かっこよくて

[揺れるハート][いい気分(温泉)]

好きになっちゃいそう[カチンコ]

南三陸町を訪れたギラード首相は甚大な被害の様子に、

「信じられない事態に直面している」
と涙をこらえながら話したそうです。
その後、避難所を回り、5万ドルの義援金とこどもたちにおもちゃの寄付をしてくれたそう。

かつて戦争で敵国だった、日本とオーストラリア。
殺し合いをして、血を流していた兵士たちは、今、
日本を助けるために汗を流して救助してくれました。

オーストラリアでアンザックデイに街にいる日本人は生卵をぶつけられることもあったという、
そんなアンザックデイに、地震の被災地を訪問して涙ぐんでくれるオーストラリアの首相がいます。

原発や放射能のことで、海外の報道で色々騒がれている
こんな時に手紙を届けに来ていただき、ありがとうございました。

私が滞在していた場所はとても優しくて素敵な国なんだと再確認でき、
ほっこり嬉しくなりました[リボン]



 


その後 [思うこと]

 P1060332.JPG

地震からまた更新するのに日が経ってしまいました。
こんな大変なことがあっても、当たり前だけど時間は過ぎて、おなかもすくし、
仕事にも行かなきゃいけないし、日常は戻りつつあります。

もちろん被災地の方には、当たり前の日常にはまだまだだし、
こんな状況で毎日原発の作業をして下さっている方、その大切な家族をいってらっしゃいと
送り出している家族の方には毎日が緊張で辛くて大変な状況だと思います。

いつものように過ごすことを心がけ、いつものように過ごせることに感謝しながら、
一日一日大切に生きてゆこうと思います。

何ができるんだろうと考えて、ゴールデンウィークに長い休みが取れるので
被災地にボランティアをと色々調べたのですが、原則被災地での移動手段や
寝る場所を自己完結ができる人のみの募集しかなく、
専門分野も持たない私が今行くべきではないと判断し、諦めました。

お友達のご親族が南三陸町でまだ行方不明と耳にし、
心痛いです。
普段ジャンルは違えど、ボランティアの活動をしているのに、
今私にできることはとても少なく、気持ちだけ焦ってしまうけれど、
募金活動などできることをしようと思いました。

そこで会社の友達と話していたら「どこに募金をするかが大事」という議論に。
募金をするのなら、迅速に必要とする場所で遣われてて欲しいという
想いが強く、
赤十字に寄付をするのもいいけれど、募金を集めてひとまとめにしてから分配
されるので、本当に必要なところに届くまでに時間がかかってしまうそう。
根っこより、枝葉の先に届けたい
ということで「なるほどー」と深く賛同した私は、お友達のこともあって
南三陸町へ募金しました。

南三陸町 義援金

町長さんの名前宛に振り込むのですが、この町長さんも津波の被害で屋上で取り残されて、
パイプなどにつかまりながら、奇跡の生還をされたそうです。

私たちも夏に予定していた結婚式を来年に延期しました。
夏の電力供給不足でゲストのみなさんに迷惑がかかるかもと不安に思っていたのですが、
なんとか大丈夫そうですね。これからも明かりを消して、節電生活を
心がけたいと思います。
結婚式のほうは、まだたっぷり時間もあるのでゆっくり準備していきたいと思います。

ゴールデンウィークまであとわずか[リゾート][るんるん][キスマーク]
久しぶりの友達とも会える予定なので楽しみです[かわいい]






がんばろう 日本 [思うこと]

地震が起こって今日で6日目。
現実で起こったとは思えない映像を
毎日テレビで見ながら、被災地の方の無事を祈っています。
一人でも多くの人が助かりますように。

11日、14:46 私はいつも通り会社にいたのですが、16Fでかなり
ぐらぐらユラユラ揺れました。ぐるぐると回るような揺れで
一瞬私だけめまいがしたのかと思いました。
とても長い揺れで、私はその時、トイレの洗面所にいて、一人。
心細くて すごく怖かったです。
しかも会社に戻る廊下は非常扉が閉まってしまい、オフィス
戻れない。誰にも会えなくて、それが怖かった。

お隣の会社の方がいて、その人と一緒に非常階段で
16階から1階に避難。耐震がしっかりしているビルで
避難訓練もしっかりやっていたから、いくらか安心していたけど
階段を下りている途中も揺れていて、壁に亀裂が入り、かけらが上から
パラパラ落ちてきて、頭にかかり、このビル崩れると思いました。

15:00 一旦避難したものの、3時からお客様の予定があったので、
エレベーターも止まって来ないだろうと思ったけど、
念のためオフィスに戻る。

15:10 階段で上がって、オフィスに戻ったら、点呼で私だけいなくて、
行方不明者として、みんなとっても心配してくれていた。
携帯にもたくさんかけてくれていたみたい。ご心配かけてすみません。

15:20 いつもは会社のPRを流しているスクリーンと会議室のスクリーンで
テレビをつけてみんなで状況をみる。館内放送で「このビルは耐震構造で
安全です」と流れる。相方さんから、無事の電話。営業で千葉にいて
爆発が見えたと言っていた。恐ろしい。

15:30 みんなで安否確認。天井の一部やタイル、ライトが落ちてきていました。
ありえないことに3時からのお客様が非常階段を使ってやってくる。
全然それどころじゃない。


15:40 船橋に一人でいるおばあちゃんと、実家に電話をかけていたけど、繋がらない。
相方さんは外にいたので、公衆電話から、私のおばあちゃんと
実家にかけてもらう。おばあちゃんには繋がったよう。私も携帯で
実家と繋がる。良かった。相方さんが「心配だから、おばあちゃんちに
一旦向かう」と言ってくれる。とてもとても有難かった。

エレベーターが動かずに、オフィスに留まるよう、館内放送が流れる。
上から見ると下にはヘルメットをかぶり、家路に向かう人が見える。
 
16:45 津波の被害映像をテレビで見る。信じられなくて、被害状況が
とんでもないことを知り、言葉が出ない。
電車が動いてないので、帰れず、ヘルメットと緊急リュックを背負ってしばらく待機。 

18:30 辺りも暗くなり、エレベーターも少しずつ動き出したので
歩いて実家に向かう。歩いている人が多すぎて、異様な光景。
我先に、他の人を押しのけて、先に進む人もいれば、
ビスコを周りに配りながら、集団下校している会社もあり。
こういう時に人に優しくありたいと強く思う。

20:30 道を間違えたので、かなり時間をロスしたが、なんとか実家に
辿り着く。表参道の駅では地面に座って電車を待っている人が多すぎて
なかなか前に進めなった。見たことがない光景。

21:00 父親も歩いて家路に着く。相方さんは渋滞で夕方4時に
千葉を出たがまだ、船橋のおばあちゃんの家に着かない。
全く前に進めない様子。ここから何分かおきに相方さんに
電話するも、全く車が進まない。

0:00 相方さん、車が進まず21:00とほぼ同じ場所にいる。ここから30分ごと
に電話する。おばあちゃん相方の為に今半のすき焼きを用意。

1:00 400M進む。

3:00 700M進む。電話1時間ごとに。

5:00 進まない。

7:00 京葉道が開通。これで進むか!?
私は電話をかけているけど、
ほとんど寝てて、会話にならない。おばあちゃんも一睡もせず相方さんを待つ。

9:00 やっとおばあちゃんの家の近くまで来たらしい。

10:30 
 18時間の渋滞の末、相方さん、船橋のおばあちゃんの家に到着。
朝からすき焼きを頬張りつつ、疲労困憊で寝る。

私もこの日、おばあちゃんの家に向かい、合流できました。
心配でおばあちゃんのお家に行ったのに、逆に心配させて
迷惑をかけてしまったけど、余震も続く不安定な中おばあちゃんと一緒に
いれて良かったです。おばあちゃんの家に向かうと言ってくれた相方さんに
とても感謝しました。
 
会社の指示で今日から自宅待機です。
巨大な自然の力が街を飲み込む映像に、何もできず無力さを感じる日々でしたが、
今日テレビを見ていたら被災地のおじいちゃんが

「がんばるしかない。こんな時こそ、恥ずかしいことせずに、日本の力強さを
世界に見せないといけない。大丈夫。助け合って、がんばる」

と、言っていました。とてもとても力強く前向きで、
ハッとさせられます。被災地で助け合う人々の姿にもこちらが
励まされてしまいます。

本当にがんばるしかない。できることは少しだけど、
私たちはできることをやるしかない。
気持ちで繋がって、こういう時に助け合うしかない。
今もこの瞬間もみんな我慢して頑張っているのだから。


クライストチャーチ地震 [思うこと]

22日以降、クライストチャーチ地震ニュースを毎日テレビで見ます。
あんなに小さく、平和で、美しい街が無惨な様子で胸が痛いです。
特にあの大聖堂はクライストチャーチの名前の由来だし、街の象徴なので
崩れてしまって、本当に悲しい。
人口より羊の数を多いといわれるクライストチャーチ。
イギリスの雰囲気が残り、街の中心を流れる川のように、
時間がゆったり流れていて、行った事ないのだけど、友達が何人も留学していたので
とても親近感があり、好きな街です。

オーストラリアはほとんど地震がないので、ニュージーランドも同じだと思っていたけど
ニュージーは火山があるから頻繁に地震があるんですね。知らなかった。

まだ行方不明の日本人もいるということですが、日本人に関わらず
オーストラリアやニュージーランドはワーキングホリデーや留学している人がとても多いです。
今回のように、災害・緊急事態時に家族や政府に把握してもらうため、ワーホリや留学生には、
同じ場所に3ヶ月以上滞在する場合は「在留届」という住民票のようなものを在外公館(領事館)
に出すことが義務付けられています。

私はワーホリでも同じ都市にずっといたので在留届を出していましたが、
ワーホリのビザを持つ多くの人がバックパックで一つで働きながら、あちこち
ラウンドしている事が多く、それがワーホリの良さでもあります。

「在留届」を出しましょう

と唱ってはいますが、
ラウンドしてるとすぐ移動するから在留届は出せないし、
実際届を出してない人が多いと思います。
学校の研修などで行っていれば、被害にあったこともすぐに分かると思いますが、
在留届を出さずにたまたまクライストチャーチに滞在していて、被害にあった
人たちはいなくも分からず、メディアで言っている数にも入らず、把握もされず、
名前も分からず、発見されても誰かも分からずという事が
あるのではないかと心配。

連絡も取れなくて、眠れずに長い時間を過ごしている家族がいると思うと
心が痛いです。

一刻も早い復興と亡くなられた方のご冥福をお祈りしています。


ラマダン [思うこと]

SANY0011~1.JPG
1年間,省庁で核廃絶、核軍縮の部署で働いていましたが、お仕事契約が終わって、
6月からまた六本木派遣さん。
もう2ヶ月経つので仕事にも慣れてきて、楽しく働いてます。
今の会社は外資。。。っちゃー外資なんだけど、欧米ではなく中東の会社なので
イスラム教の方が多いのです。
文化の違いにとまどいながらも色々知れてすごく興味深い[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]

そんな中、1年で1番のビックイベント、ラマダン(断食)の時期がやってきた~~[exclamation×2]
月の満ち欠けにより、日にちは毎年変わるらしいが、今年は8月11日スタート[ぴかぴか(新しい)]
お日様が出ている明るい間は、食べ物はおろか、水分さえ口にしてはいけないらしい[爆弾]
その代わり日没後は食べていいらしい[爆弾]
なんとそれが1ヶ月も続くらしい[爆弾]
つらい。。。[ふらふら]
もちろん私たちは断食しなくていいんだけど、食べ物の匂いをさせたり、
おおっぴらに飲んだりできない[爆弾]
噂には前々から聞いていたけれど、これがなかなか大変。


例えば・・・

[1]~お昼休みになって、ランチに出る前~

私:「あ~おなかすいた!何食べようか~?」・・・NG×

解説**明らかに私よりおなかがすいてるであろう人々が近くに
いるとき、軽率に「おなかがすいた」と言ってはいけません。
    
[2]~アポイントなしで尋ねて来たイスラム教のお客様に対して~

私:「あいにく席を外しているので、少しお待ちいただけますか?
   何かお飲みになりますか?」・・・・

解説**だから断食中だってば。


[3]:~お昼にマックを持ち帰ってきちゃう~

解説**強烈なマック臭→生殺し状態→急いで窓全開

と、恐ろしいくらい空気が読めず、すでに数々の失敗を重ねています。


そこで仲良しのサウジアラビア人、イブちゃん(男性32歳本名イブラハム)に
ラマダンとは?というプレゼンをしてもらいました。

「えっとね~、まーラマダンってすごく色んな意味合いがあって、宗教色濃いって
思われがちなんだけど、実は体にもすっごくいいんだよねー」←日本語。しかもいつも超早口。。。

【イブちゃん的ラマダンのいいところ[ふくろ]
[ひらめき]いつもは当たり前に食べている食べ物に対して感謝ができる
[ひらめき]世の中には貧しく、食べられない人が多くいる。その人たちと同じ気持ちになることができる
=人に優しくなれる
[ひらめき]デトックス効果があり、体が浄化され痩せる。
[ひらめき]達成することで、自分に自信が持て、高められる

イブちゃん:まー、いつも、ごはん食べて、「あー、あと何分で食べられる!!」とか、そんなに
楽しみにすることってないじゃん?
体も浄化されて、人にも優しくなれて、いいことずくめだよ[るんるん]
ラマダンすごい楽しいんだよ。しかも、クリアしたら、すごい達成感でやった~ってなるよ[exclamation×2]
逆になんでやらないの[exclamation&question]←すごく早口。。


日本人の私ですら聞き取れないくらいのスピードで、
まーよくペラペラそんな外人さんが喋るねえ。。と感心しながら、
夜中の通販ばりに素晴らしいプレゼンに流されやすい私は完全に落ちて、


私・・・なんで今までラマダンやってなかったんだろう[exclamation&question]
ぐらいの勢いでラマダンに夢中。

イブちゃん:「まー最初は慣れるまで大変だろうから、1日、2日やってみれば[ぴかぴか(新しい)]

私:うん 私 やってみるっ[ぴかぴか(新しい)]

*************************************

こうして8月11日(水) 私のラマダン スタート[on]

両親も丁度良く旅行中で、一人だったので朝から何も飲まず食わず。

2時間後、会社で うっかり 水を飲む。 

 ゴクゴク ゴクゴク

・・・・


あ。


・・・・



ピー。[end]

私のラマダン  終了。[時計]


*************************************

イブちゃんに終了を報告。

「早かったねーでも最初はそんなもんだよー。すごく楽しいものだからねー」←いつもよりやや話し方が遅め。

ふー。私にはレベルが高すぎるぜ。

お昼休みも食べずに働くので、ラマダン中、午後は皆さん少し早く帰ります。

そして みんなちょっとぐったりしてる・・・
そういえば イブちゃんの話すスピードもちょっと遅いし。。


本当に楽しいのかな・・・?

平和を祈る日 [思うこと]

p9140054ss.jpg

原爆投下から、65年。

今日は広島で平和記念式典が行われています。
今年の式には、米国の代表として、ジョン・ルース駐日大使が初めて参列し、
潘基文・国連事務総長、核保有国の英国、フランスの臨時代理大使、
そしてロシア政府の代表者も出席しました。

日本からは菅直人首相、岡田克也外相も出席しました。
外務大臣が祈念式に参加するのは65年目にして初めてとのこと。
遅いですよねぇ。。
岡田さんは非核政策をライフワークの一つにしているらしいのに。。

オバマ大統領が2009年4月にチェコのプラハで、「核なき世界」を表明してから、
世界の風が変わってきました。
プラハの演説を受けて、被爆者の方たちが
”自分が生きているうちに、核なき世界にはならないだろうけど、
アメリカの大統領がそう宣言する姿を見れて、感慨深い”
という社説や投書を多く目にしました。
一方では北朝鮮が核実験、ミサイルを発射したり、
イランが核開発をしたりと抑止力についての議論も高まっています。


「持つ者と持たざる者」。核を持つ者、国連の常任理事国5カ国は
すべて核保有国ですが、これからは、核を減らしていって、いずれは核を廃絶する。
拡散防止ではない、廃絶が目標になりました。

そうやって、時間をかけて、新しい国際秩序を作っていく。
話し合いを重ねていくことがとても重要になります。

では持たざる者の役目とは?

日本は唯一の被爆国なのに、アメリカの核の傘に守られて
恥ずかしいと思う一方、仕方のないことだと言う主張も理解しています。

原爆投下から月日は流れ、原爆を落とした国の大統領が核廃絶を訴え、
アメリカの映画監督が戦争映画を撮り、
アメリカの写真家が現在の被爆者の写真展を開き、平和を訴える

そうして世界がちょっとずつ変わっている

じゃあ日本は何をやっているんだーという話ですが、
長崎や広島に留学や観光で来た海外学生などが、原爆ドームを訪れ、
現地の方の話を聴いたり写真を見ることで、衝撃を受け、周りにも伝えようと思ったと言っているのを
テレビで見て、その人々の心をそのように少しずつ動かしたのは、長年、地道に核廃絶を訴える
広島・長崎の被爆者の方々、住民、平和団体の運動や声なんだと感じました。

NPT(核拡散防止条約)の核保有5大国の4つの国の代表が、
2010年8月6日、ヒロシマに集まりました。
来年は、中国の代表者も来て欲しいと思います。

オーストラリアが一昨年、先住民族アボリジニに対し200年の時を経てナショナルソーリーしたように
アメリカが日本に謝罪する日もいつか来て欲しい。
少しでも多くの被爆者の方が生きているうちに。
 
ehon1026.jpg

小学校のとき『風が吹くとき』という絵本を見たことがあります。
のんびり暮らしていた老夫婦が核戦争によってその生活が奪われ、
核の恐怖に追い込まれていく様子を静かに描いた物語。

『さむがりやのサンタ』の絵とお話がすごく好きで、戦争の話と知らずに
読んでしまい、、あまりにも強烈なシーンと悲しさで途中で見れなくなってしまいました。

アニメで映画にもなっているようでケーブルテレビですが、
8月15日(日) 21:00~
8月29日(日) 11:00~

アニマックスで放送があるようなので見てみようと思います。
絵本は大人になってまた読みましたが、
世界中の人がきちんと見なければいけないものだと思いました。
2010年 8月6日 平和を祈る。


前の10件 | - 思うこと ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。